面接(後編)

こんにちは、プレイングマネージャーのSです。

(前回の「面接(前編)」の続き。駅のスタバに入ったところからです。)

スタバでコーヒーを注文して、空いている席についた。
(周りは人がいっぱいいるし、面接って雰囲気でもなかったが、お互い人の話には興味がないのでいいか・・・。)

「○○と申します。」と先方から名刺を差し出され、両手で受け取った。

その方は部長さんらしく、少し急いでる感じで、バァ〜っと、要点だけを話し、所々、熱く語り、会社が過渡期にあることを話してくれた。

面接というよりは、会社説明と言った感じだった。

「もし良ければ連絡下さい。」と言って、その部長さんは立ち去った。
自分は残りのコーヒーを平らげ、スタバを出た。

その時、この会社にすごく興味を持った。

それから1週間後、先方から電話が入った。

先方「どうですかね〜。」

その時には、すでに自分の中で決まっていた。

私「是非、使ってください!」

先方「わかりました。それでは改めてお電話差し上げます。」

それから数日後、最終面接の日程が告げられた。

今度は会長と社長の二人が面接するという。
わざわざ遠方からこんな地方都市に出向くというのだ。

もう、その時点で、「決まったな!」と確信を持っていた。
最終面接は、最初の面接から20日後の予定だった。

その間の長いこと・・・。一日千秋の思いってのはこういうことか?とか思いながら、過ごしていた。

(最終面接へ続く)